柔道整復師 求人
柔道整復師 国家試験

柔道整復師 求人

世間では就職難と言われていますが柔道整復師の求人状況だけ
を見てみると良好と言えるでしょう。
柔道整復師の免許があれば開業は可能ですが現実は就職をして
経験を積むことを優先する人が多く、求人を出す側も多いようです。

全体的に見ると仕事を探す学生よりも、求人の方が上回っている
のではないでしょうか?

柔道整復師の専門学校には免許を取得した卒業生だけではなく、
現役の学生への求人も多いようです。

学びながら経験を積むという事であれば、卒業後の就職にも大変
有利になると思います。

実際に柔道整復師の資格だけではなく“経験者”に絞って
柔道整復師の求人を出している所も多いようです。

学生時代からのアルバイトで経験を積んでおく事で、学校では
教わらない事も多く学べると思います。


柔道整復師 合格率

現在の柔道整復師の合格率は約7割です。
数字だけを見ると決して低い数字ではないですが、高い学費を
払って3年間学んだ末の結果と考えると一概に高い合格率とは
言えません。

学校によっても合格率が違ってきます。
高いところだと99%を超える結果も出ているそうです。
反面20〜30%の合格率の学校もあるようですが、この大きな差
の開きは何なのでしょうね。

柔道整復師の合格率約7割を教室という狭い中に置き換えると、
例えば40人のクラスであれば28人が合格して12人は不合格と
いうことです。

そう考えると柔道整復師の合格率が、やや低めだと思いませんか?

しかし低いから仕方ない。。。では済まされません。
国家試験は自分ひとりの力で勝ち取るしかないのです。

とにかく私は自分の合格率を上げる為には3年間は遊びから離れて
柔道整復師だけの事を考えるのが一番だと思います。
全員が自分自身の合格率を上げていけば、柔道整復師の合格率
も必ず上がって来ますよね。


柔道整復師 募集

私はネットで柔道整復師の仕事見付けました。
就職情報誌も見ていたのですが柔道整復師は専門職のせいか
募集していることは無かったです。

最近は柔道整復師も増えているので少ない情報だと内定率も
変わってきます。

そこで私はネット検索!!
さすがです♪柔道整復師の募集しか載せてないサイトもありました。
問い合わせの電話などをしなくても詳細が出ているので
決めやすいと思いました。

私はまだ新米ですが技術、経験などが豊富であれば、
院長としての募集などもありました。
ですから現役の柔道整復師の方でも転職を考えた時でもネット
が便利だと思います。

最近は登録制になっているサイトもあるようです。
親切な所だと自分の希望に合った募集が新たに出ると知らせて
くれるそうです。

それだとつきっきりでチェックしなくてもいいので便利ですよね。


柔道整復師 国家試験 合格率

国家試験が終わると毎年、財団法人東洋療法研修試験財団、
財団法人柔道整復研修試験財団、厚生労働省から一斉に発表
されます。

柔道整復師国家試験に関しては受験者数が年々増加傾向にあり、
とうとう5千人を超えたようです。
そして合格者が4千人台突破です。

柔道整復師国家試験の受験者が増えていく一方で合格率は少し
ずつ下がっているのも事実です。

柔道整復師国家試験の合格率は第12回からは70%台前半を抜け
出せないまま今年行われた第15回に来ています。

受験者数が多いので合格者数が増えるのは当然ですが、
柔道整復師国家試験の合格率だけを見ていくと安易に
資格を得れるものでも無いと言うことではないでしょうか。


柔道整復師会

社団法人全日本柔道整復師会は昭和28年11月9日に発足し、
昭和49年に日本柔道整復師会に名前がかわりました。     
             
全国の接骨院・整骨院が入会する社団法人組織の団体です。

全国には1万5千人もの会員がいるとききました。

業界代表で料金改定等を国(行政)と交渉できる唯一の団体
だそうです。

柔道整復師会柔は柔道整復師に関する様々な情報を随時提供
してくれています。

ぜひ何かの参考にHPをのぞいて見てください。

http://www.shadan-nissei.or.jp/nissei/index.html